fbpixel
アドベントの第一週目

年末年始 あなたは何を期待していますか?

アドベント(降誕節)が始まりました。19世紀のドイツで始まった恒例の行事して、常緑樹のリースの上に4週間、日曜日ごとに1本ずつキャンドルを灯していきます。

最近では、日本でもクリスマスまで24日間1日ずつ、小さなプレゼントが入った小箱を開ける「アドベント・カレンダー」が人気です。女性に人気なカレンダーは毎日、コスメが入った小箱の扉を開けて、クリスマスに向けてキレイになろうというコンセプトです。家族用では、毎日お菓子が入った小箱を開けます。

家族で、カップルで、友だち同士で、同じ「アドベント・カレンダー」を作って、クリスマスを待ち望むことも、心温まるクリスマスの思い出になるはずです。アドベントは、クリスマスまでの毎日、主イエスの降誕への期待を高めてくれるものです。


 

まさにイエス・キリストの誕生は、全世界の創造以来の悲願。また人類誕生、アダムとエバ以来の人々の期待。何千年間ずっと、待ち望まれてきた出来事でした。

イエスの降臨は、創世記のはじめから語られた、神からの預言でもあります。「わたしは敵意を、おまえ(悪魔)と女の間に、おまえの子孫と女の子孫(救い主)の間に置く。彼(救い主)はおまえ(悪魔)の頭を打ち、おまえは彼のかかとを打つ。」(創世記3:16)

その数十世紀後、悪魔は確かに救い主イエス・キリストを十字架につけて、そのいのちを奪いました。しかしイエスはその3日後に死から復活。悪魔の頭を打ち砕き、全人類に罪からの救いの希望へと扉を開いたのです。このイエスを信じる人はだれでも救われます。これこそがクリスマスの最大のメッセージです。

この救い主であるイエスの誕生を、数十世紀にわたって、人々が待ち望んできました。「アドベント・カレンダー」はまさに長年人々が抱いてきた期待を、ともに実感する24日間です。これからクリスマスまで、ご一緒に救い主の降誕、救いの希望を待ち望み、期待していきましょう。今年も皆さんにとって最高のクリスマスを迎えられますようにお祈りいたします。

(Photo by Markus Spiske on Unsplash)

クリスマスを期待している大学生のあなたへ

今年のクリスマスは、他大学インターナショナル・フレンズとパーティーに参加してみません? Celebrate Christmas with Student Impact friends!